orange泣ける名シーン集まとめ

  • スポンサードリンク

    orangeは単行本にして5巻、話数にして22話と短めなのですが、22話の中には数々の泣ける名シーンがありました。ここではorangeの泣ける名シーンを紹介していきます!

    プールで花火を見るシーン

    orange3

    菜穂と翔(かける)が学園祭のときに、ふたりで花火を見るシーン。この時は、ふたりがお互いのことを大好きというオーラが全開にでていて、なぜか読んでいて嬉しい気分になったことを覚えています(*^^*)
    この時、菜穂は翔と花火を見る約束をしていたのに、上田先輩に雑用を押し付けられて花火が終わりかけたのですが、須和たちに助けられてなんとか二人で花火を見ることができました(*^^*)

    10年後の菜穂にとって、翔と二人で見た花火は絶対に消してほしくない思い出です。

    orange漫画7巻のネタバレ

    翔の自殺未遂をとめたシーン

    orangemanga10-5

    手紙によると、翔は東京のときの友達と会って自殺未遂をするのですが、それを知った須和と菜穂が翔を東京の友達に会わないよう説得したときのシーンです。9話の時に翔が菜穂のことを好きと言って、この10話で菜穂が翔のことを好きと言います。
    これで両想いであることが確定した二人ですが、でもこの時は二人は付き合わなかったんですよね…
    でも翔はこのことがきっかけで、東京の友達と会うのはやめて、自殺未遂を食い止めることができました。

    orange漫画10巻のネタバレ

    スポンサードリンク

    届いた?手紙

    orangemanga8-3

    菜穂が翔を救うことで行き詰まっていて、どうしようかと悩んでいる時に、相談しようかどうしようかと迷っている時に、言った須和の一言です。

    「菜穂、大丈夫だよ心配すんな」
    「届いた?手紙」

    須和の優しさが詰まっている一言で何度このシーンを読み返しても鳥肌が立ちます。
    菜穂がこの一言を聞いてどれだけ安心することができたかを想像すると、本当に須和にありがとうと言いたいです。www

    個人的には翔が助かったシーンや、菜穂と翔が両想いになったシーンよりも好きなシーンです。

    orange漫画8話のネタバレ

    みんなで翔を救おうと約束したシーン

    orange12-4

    菜穂がアズサ、貴子、萩田くんにも未来から手紙が来たことを打ち明けるシーン。菜穂が打ち明けて、貴子とアズサが手紙をだしたところは鳥肌が立ちました。菜穂が一人じゃないと思った瞬間でしたね(*^^*)
    須和のセリフ同様、このシーンが一番感動しました。

    orange漫画ネタバレ12巻

    リレーのシーン

    orangemanga16-8

    体育祭のリレーはorangeの代表とも言えるシーンですね。みんなで言葉をつないで、翔へメッセージを送りました。

    須和:負けるな
    貴子:約束
    アズサ:ずっと一緒
    萩田くん:10年後も
    菜穂:待ってるよ、みんなで。待ってるから!

    菜穂の最後に力強く言った「待ってるから!」が印象的でした!

    orange漫画ネタバレ16巻

    須和が菜穂に告白しなかったシーン(大みそか)

    orangemanga17-3

    10年後の菜穂達の世界でも、高校生の菜穂たちの世界でも、大みそかに菜穂は翔と大げんかをしてしまいます。
    10年後の世界では、この時に須和が菜穂に告白をしたことがきっかけで、菜穂と結婚をすることになりました。
    高校生の須和にも、菜穂が翔とケンカをした後に、告白をするチャンスがありました。

    でも須和は告白をしませんでした。
    あくまで、菜穂をはげまして翔のところに連れていくことを選びました。

    須和には2つの道があったと思います。
    ○菜穂と結婚する道
    ○菜穂と結婚しない道

    須和は「○菜穂と結婚しない道」を選びました。
    翔を救うために「○菜穂と結婚しない道」を選びました。

    この時、須和が違う選択をしていたら、翔は助かっていなかったかもしれません。
    この時の須和の決断は感動しました。

    orange漫画ネタバレ18話

    26歳の菜穂が翔に謝るシーン

    orangemanga20-3

    大みそかにケンカをして以来、なかなか翔と話をする機会がなかった菜穂ですが、バレンタインの時に翔とようやく話をします。
    その時に、菜穂は26歳の自分からのメッセージを翔に伝えます。
    このメッセージは26歳の菜穂が翔にメールで伝えようとしたメッセージです。
    でも翔がその日に自殺してしまって、翔がそのメールを見たのかは分かりません。
    なので、ちゃんと口で伝えて欲しい。
    それが26歳の菜穂のお願いでした。

    少しわかりづらいですが、絵の右下にいるのは26歳の菜穂。
    左にいるのは高校生の翔です。

    orange漫画ネタバレ21話

    翔が助かったシーン

    orangemanga22-3

    翔が間一髪のところで助かったシーン。翔が助かった後に、10年後の5人から翔への手紙があるところが感動しました。

    orange漫画ネタバレ22話(最終話)

    スポンサードリンク

    ◎orange(オレンジ)アニメの放送日・放送局の情報はコチラから!
     orange(オレンジ)アニメの放送局・放送日はいつから!?
  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ