orange漫画3話のあらすじ感想とネタバレ!オレンジジュース

  • ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    漫画3話のあらすじ

    時は10年後の未来。
    翔(かける)を除いた5人はグラウンドに埋めたタイムカプセルを掘りに来ていた。
    それぞれが10年前に書いた自分宛ての手紙を懐かしんでいた。
    そこには翔が書いた手紙もあった。
    5人は翔が書いた手紙を読むことに。

    翔の手紙は10年後の自分に対してではなく、周りのみんなに宛てたメッセージだった。
    その時、みんなは翔が自分の死を予知していたことを知った。

    一方、高校生の翔は学校のマドンナ上田先輩から告白を受ける。
    翔は菜穂に付き合ってもいいと思うか相談し、菜穂は「だめ」と置き手紙を下駄箱に入れるが、
    菜穂の思いは届かず、翔は上田先輩と付き合ってしまうことに。

    スポンサードリンク

    少しづつ変わる未来

    3話では手紙に書いてあることが外れます。
    手紙には翔はサッカー部の仮入部のあと、サッカーを辞めてしまうとありますが、
    現実には翔はサッカー部に入部することになっていました。

    菜穂が手紙に書いてあることを実行することで、少しづつ変わっていく未来。
    ひとまず良い方向に変わっているので安心する菜穂ですが、
    未来が変わっているってことは、これから先何が起こるかわからないってことですね。

    それは翔を救うと決めた菜穂にとっては、とても不安なことだと思いますが、
    頑張れ菜穂!

    届かなそうで届く思い

    翔が上田先輩から告白された時、翔は菜穂に
    「付き合っていいと思う?」と相談しますね。

    菜穂は「だめ」と書いたメッセージを翔の下駄箱に入れますが、
    翔はそのメッセージを見る前に、上田先輩と付き合うことになりました。

    orangemanga3-1

    菜穂のメッセージは届きませんでした。
    家に帰り翔からもらったオレンジジュースを泣きながら飲む菜穂。
    胸が締め付けられる思いになるのは私だけでしょうか?
    でも後々、菜穂のこのメッセージが効果を発揮するのですよね。

    優しくて正直な翔君

    控えめでおとなしい菜穂と、そんな菜穂をほっとけない優しい翔君。
    この二人はとてもお似合いですね。

    3話ではみんなでジュースを飲むことになった時に
    「私はなんでもいい」という菜穂に
    翔が無理やり欲しい飲み物を聞き出します。

    orangemanga3-2
    orangemanga3-3

    無理やり」ってところがポイントですね。
    菜穂は控えめで無理矢理にでも聞き出さないと、自分の思っていることを言いませんから。

    無理やり聞き出すところが翔君の優しいところです

    そして、翔君は正直です。
    菜穂に「上田先輩は好き?」と聞かれて
    顔は好き」と答えます。

    orangemanga3-4

    普通の男子が言ったら非難の嵐ですが、翔君が言うとさわやかで
    むしろ好感さえ感じます。

    菜穂には整形する必要ないよ、と言ってあげたいですね(*^^*)
    だって翔が好きなのは上田先輩ではなく、菜穂だけですから…

    スポンサードリンク

    ◎orange(オレンジ)アニメの放送日・放送局の情報はコチラから!
     orange(オレンジ)アニメの放送局・放送日はいつから!?
  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ