orange漫画13話のあらすじ感想とネタバレ!メール来ただけでも嬉しい

  • ※この記事はネタバレを含んでいますので、ご注意ください。

    スポンサードリンク

    漫画13話のあらすじ

    翔(かける)以外の5人全員のもとに手紙が来ていたことを知った菜穂達。
    5人で菜穂と翔のことを応援するようになる。

    アズサの手紙にはアズサの誕生日パーティーのあと、
    帰るときに雨が降ってくるが、翔に傘を貸してはいけないことが書いてあった。

    傘を貸してもらえなかった翔は、菜穂に傘に入れてもらい二人で帰ることに。
    あまりに接近してくる翔に菜穂は緊張してしまい、傘をはたいてしまう。
    びしょ濡れになった二人は、雨宿りをして帰る。

    あいさつだけでも、メールが来ただけでも嬉しい

    貴子やアズは、菜穂と翔を応援することが翔を救うことになる、
    と菜穂に言いますが、どうやっていいかがわからない様子の菜穂。

    そこへアズが言います。

    アズサ
    「そんなの簡単だよ。ウチラが翔に「おはよう」って言っても翔は喜ばないけど、菜穂が翔に「おはよう」って言えば翔は喜ぶの!分かる!?」

    菜穂
    「(わからない…)」

    須和
    「それはわかるな。好きな子からメール来ただけでも嬉しい。あいさつだけでも(きたことねーけど)」

    orangemanga13-1

    orangemanga13-2

    皆さんもこの気持ち分かりますよね?
    好きな人にあいさつされたり、メールが来ただけでも嬉しい気持ち。
    でも、好きなことがバレるのが怖いから、自分からはなかなか出来ないんですよね。
    こんな気持にはもう何年もなっていないですね。
    ホント、青春は甘くて酸っぱいです(*^^*)

    言ってくれなきゃわからない

    第12話で翔が菜穂に手を差し出しても、菜穂は手を繋いでくれませんでした。
    そのときのことを菜穂は
    「…だって、あんなの言ってくれなきゃわかんないよ」
    と言います。

    orangemanga13-4

    これは菜穂のいう通りだと思います。
    言わなくても分かることもたくさんあると思いますが、言わないとわからないこともたくさんあると思うのです。

    後悔したくないなら、絶対に口に出してはっきりと伝えるべきだと思います。
    もちろん、うまくいかない時もたくさんあると思います。

    でも、「あの時伝えておけば…」といった後悔は消すことができると思うのです。

    orangemanga13-3

    スポンサードリンク

    萩田君のひと口攻撃www

    もはやこのブログの定番となりつつある萩田君の面白名場面集。
    今回はファーストフードでの出来事です。
    萩田君が須和にポテトひと口ちょうだいというシーン。
    ハギタのひと口攻撃!

    orangemanga13-5

     

    スポンサードリンク

    ◎orange(オレンジ)アニメの放送日・放送局の情報はコチラから!
     orange(オレンジ)アニメの放送局・放送日はいつから!?
  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ