アニメorangeの最終話・結末を大予想!

  • スポンサードリンク

    アニメorangeがいよいよ7月2日から放送開始されます。
    プロモーションビデオをまだ観ていない方はこちらを先にご覧ください。
    菜穂が動いています(*^^*)

     

    放送開始時間や放送局の情報はコチラです。

    アニメorangeの放送局・放送時期

    このページでは、どこよりも早いアニメorangeの最終話・結末を大予想していこうと思います。
    まずは原作マンガのorangeと映画orangeの結末からおさらいしましょう。

    原作マンガの結末

    まずは原作マンガの結末のおさらいです。
    2月15日に翔がお母さんの携帯電話を見つけます。
    携帯には自分に送りかけていたメール(未送信メール)がありました。
    そこには、

    • 小さい頃、翔が好きだったお父さんと離婚した理由
    • 東京から長野県松本市へ引っ越しをした理由
    • 部活をしないと約束をした理由

    が書かれていました。
    これらのことはお母さんが翔を思っての行動でした。

    お母さんのメールの内容を見た翔は自責の念にかられてしまい、急に外へ飛び出します。
    自転車に乗ろうとしますが、自転車が壊れていたため、歩いて外へ行きます。

    その頃、菜穂たちは翔の自宅近くの十字路にいました。
    手紙によると翔はその十字路で自殺をしたため、翔が来ないことを祈っていました。
    自殺があった夜の8時を過ぎても、十字路に翔がこなかったため、菜穂たちは翔の家に行きます。
    翔は自宅にはおらず、翔のおばあちゃんによると、数分前に家を飛び出していったということでした。
    菜穂たちは慌てて翔を探します。

    手分けして探しますが、翔はなかなか見つかりませんでした。
    一旦、合流しようとしたその時、菜穂が翔のことを見つけます。
    翔は道路をフラフラと歩いていて、そのすぐ先にはトラックが走っています。

    orange感動

    トラックにはねられた…
    と思いましたが、ギリギリのところでトラックを避けていました。

    翔は死んで母さんに謝ろうとしました。
    ですが、死ぬのが怖くなって出来ませんでした。
    死んだらみんなとの思い出が消えてしまう…もしかしたら明日も楽しいことがあるのかな…
    菜穂からバレンタインのチョコをもらった…まだ死にたくない…

    そう思って、死ぬのを思いとどまりました。

    これまで菜穂たち5人がやってきたことは無駄ではありませんでした。
    翔を救うことが出来ました。
    そして、5人が26歳の自分からの手紙を翔に渡します。

    手紙

    ちなみに自転車を壊した犯人は萩田くんです。笑

    映画の結末

    スポンサードリンク

    映画のストーリーも大体の内容は原作マンガと同じですが、いくつか違う点があります。

    映画では翔が自殺をしようとした日が大みそかになっています。
    原作マンガでは2月15日。
    まずこの時点で大きく違いますね。

    そして、映画では翔がトラックに突っ込む時に自転車に乗っています。
    映画では萩田くんが自転車を壊していなかったのですね(*^^*)

    そして、26歳の菜穂たちから翔への手紙がありませんでした。
    この時の菜穂の手紙が、私は好きなので、カットしてほしくなかったです。。。。

    映画しか観ていない人のために、菜穂の手紙を引用します。

    『翔へ』

    私達を、許してくれますか?

    あの頃私はまだ高校生で、
    毎日の大切さや、命の重さもわからない
    まだ子供でした。

    助けられなくて、ごめんなさい。
    翔の事をちゃんと見ていればよかった。
    何も知らずに、本当にごめんね。

    もし、もう一度、やり直すチャンスをもらえるなら
    今度は私達が全力で翔を守るから、

    私達を許してくれたら、生きていてほしい。

    26歳の春、4月23日。
    弘法山の桜を一緒に見に行きませんか?

    この日の夕日がとてもきれいで、弘法山から見る
    オレンジ色に染まる空や街や桜を
    翔と一緒に見たいです。

    みんなで、待っています。

    アニメの結末を予想

    アニメの結末を予想します。
    アニメの結末はズバリ、原作マンガとほぼ同じだと思います…
    普通の予想ですみません(^_^;)

    でも本当に原作マンガのストーリーがとても良かったので…
    できれば映画もほとんど変えずに再現してほしかったです…

    翔が自殺をした日が大みそかと言うのは、原作ファンとしてはありえない変更でした。
    バレンタインに菜穂がチョコを渡したことがきっかけで、翔が自殺を思いとどまるというところが重要なのです。
    そして、大みそかに須和が菜穂に告白をしないという決断を下したところもとても重要なシーンです。

    もしかすると、こういう変更点があったため、原作者の高野苺先生は映画を見ないと言ったのかもしれません。

    orange高野苺先生映画観ない

    orange高野苺先生映画観ない 引用元:blog.esuteru.com

    高野苺先生のツイッターを定期的にチェックしていますが、今のところアニメに対するネガティブな発言は見かけません。
    ということは高野苺先生が納得できる形(=原作に近い形)に仕上がっているのではなかと思います。

    アニメorange、もし原作と全く同じ内容だったとしても、楽しみなのは私だけではないですよね?

    スポンサードリンク

    ◎orange(オレンジ)アニメの放送日・放送局の情報はコチラから!
     orange(オレンジ)アニメの放送局・放送日はいつから!?
  • コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ